霊園を購入するなら横浜市がおすすめです

わが国のなかでも人口や産業の集積度が高く、政令指定都市のひとつとなっている横浜市は、東京都心からも比較的近く、電車とマイカーのいずれの場合でも、アクセス性に優れています。市内はかなり都市化しているように見えますが、亡くなった人のあの世での住まいともいうべき霊園についても、場所数や種類が多く、選択肢としては、たいへん恵まれた環境です。設置している主体についても、市営のものもあれば、その他の民間のものもあり、探してみれば、価格帯についてもリーズナブルなものが意外と存在しています。いずれにしても、ある程度の知識を得た上で、パンフレットやチラシ、インターネット上のホームページなどを参照して、希望に見合った場所を探すのにはおすすめのエリアといえます。

自然環境は意外と豊かで選択肢が豊富

横浜市と聞いてほかの地域の人たちがイメージするものといえば、やはり異国情緒あふれる街並みや、雄大な海の風景といえるでしょう。実際のところ、市内にある霊園のなかでも、海から少し離れた高台にあるところであれば、南に海を見渡す快適な風景が広がっており、明るく良好な雰囲気を感じさせます。海沿いはいわゆる一等地に近いため、価格的にはやや高額となってしまいますが、もしも価格面を重視したいのであれば、市内でも北側の、多摩丘陵に近いエリアを探索するのがよいといえます。このエリアには新興の住宅団地もたしかに多いものの、大規模な公園や、自然が残っているところも多くみられます。いわゆる公園墓地とよばれるような、手入れされた林地や花畑が広がる区画を購入できるのも、このエリアの特徴です。

新しいタイプもそろっているところが特色

横浜市のような都心に近い霊園というのは、伝統的なスタイルだけではなく、新しいスタイルのものも、積極的にとりいれようとする素地がみられます。一般的にいう伝統的なスタイルの墓地は、屋外にあって、一定の面積に区切られた区画が分譲され、そこに柵をめぐらして、墓石を個別に建てるものです。しかし、市内にはそれ以外のものも数多く存在しており、価格面でもかえってリーズナブルなことがあります。たとえば、樹林や芝生帯に遺骨が入った筒状の容器を埋葬するような墓地であったり、屋内に用意されているロッカーのような納骨室を用いるものなどがあります。最近は機械で遺骨が入った厨子を参拝のたびに出し入れできるようにハイテク化されているものさえあり、需要も比較的多くなっています。